害獣被害にあった時には|再発保障サービスで安心の毎日|イタチ退治は専門業者に任せよう
メンズ

再発保障サービスで安心の毎日|イタチ退治は専門業者に任せよう

害獣被害にあった時には

悩むウーマン

動物の種類と被害対策

本来は山に住んでいるはずの動物が畑や果樹園を荒らしたり民家に侵入し被害を及ぼす場合があり、このような動物は害獣と呼ばれています。例えばアライグマやハクビシン、イタチなどが害獣として挙げられます。このほかにネズミやコウモリなども人や家屋に被害を及ぼす害獣の1種です。特にアライグマやハクビシン、イタチは市街地などにも出没するようになっておりペットや池の鯉などを襲ったり、ゴミを食べ漁る、家屋の天井裏に住み着いてしまうなどの被害を与えています。これらの動物が建物に侵入していることに気づいたら早急な害獣駆除が必要です。害獣駆除対策の例として、アライグマやハクビシンなどには家の周囲に忌避剤を撒いてみると嫌がって近づかないことがあります。また、害獣駆除用の燻煙剤を侵入経路や天井裏に設置することで追い出しの効果があります。また、自治体に被害にあっていることを相談すると対策を考えてくれますので話してみるのも良いでしょう。上手くいかない場合は、害獣駆除のプロに依頼すればワナを仕掛けたり電気柵などで追い出しや捕獲を行ってくれます。

害獣と法律

害獣に畑が荒らされたり天井裏に住み着かれて被害が出ているからということで、自分で用意したワナで捕獲しようと考える方もいるでしょう。しかし、被害にあっているからといって勝手に捕獲したり処分したりできない動物がいます。日本には鳥獣保護法という法律があってむやみに捕獲できない動物がいるのです。この法律に守られているのがハクビシンです。ハクビシンは人に被害を及ぼした場合のみ駆除できる動物なので、捕獲する時は自治体に許可を得てからとなります。ハクビシンはタヌキやアライグマ、イタチなどと間違いやすいので害獣駆除のプロに相談したほうが良いでしょう。尚、許可を得なくても捕獲して処分することができるのは飲食店や一般家庭に侵入するドブネズミやクマネズミなどとなっています。